【腕時計】 メタルバンドと革ベルトを比較してみる

LIFE

腕時計には、金属製のメタルバンドと、革ベルトがありますね。メタルバンドと革ベルトでは、腕時計を付けた時の雰囲気も結構変わって、購入するときに悩んだりするのではないでしょうか。

今回は、腕時計のメタルバンドと革ベルトのメリット・デメリットを紹介します。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メタルバンドと革ベルトを比較

メタルバンドのメリット・デメリット

まずは、メタルバンドについて見てみましょう。

まずは、メリットについてですが、

  • 定期的なバンド交換が不要
  • 耐久性に優れている
  • 水に強い
  • スーツに合わせやすい

光沢のあるメタルバンドは、スーツにバシッと似合います。
革ベルトのように劣化することがないので、定期的に交換の必要がないのもよいところですね。また、金属なので、夏場の汗をかく時期や雨の日なんかでも、気にせずに使うことができます。

続いて、デメリットです。

  • 時計が重くなる
  • 傷が付いたら、削らなければならない
  • 金属アレルギーの方はリスクがある
  • カジュアルな服に合わせずらい
  • 価格が高い

金属なので、物理的に重くなりますね。その重量感が心地よい場合もありますが。また、革ベルトに比べると、価格が高い傾向がありますね。
カチッとした印象になるので、個人的には、カジュアルな服に合わせずらいと思います。

革ベルトのメリット・デメリット

続いて、革ベルトです。

革ベルトのメリットです。

  • メタルバンドより軽い
  • どんな服装にも合わせやすい
  • 価格がお手頃
  • 安い分、いろんなデザインを試しやすい

革ベルトは、メタルバンドより軽くなるので、長時間時計を付けていても疲れにくいですね。またデザインによりますが、フォーマルからカジュアルまで、どんな服装にも合わせやすいのが、最大のメリットではないでしょうか。

革ベルトのデメリット

  • 水に弱い
  • 定期的に交換が必要になる
  • デザインによっては、スーツに合わない

革ベルトは、水に弱いので、雨の日や汗をかく暑い日には、使用しないほうがいいですね。またメタルバンドに比べ劣化が早いので、定期的に交換が必要になります。

購入時に迷ったら、メタルバンドがオススメ

メリット・デメリットを見ても、やはり購入するときに悩んでしまうと思います。

私のオススメは、メタルバンドで購入して、後から革ベルトに変更するです。

メタルバンドが元々ついている時計は、ほとんどが革ベルトに変更することができますが、革ベルトからメタルバンドにはできない場合が多いです。

メタルバンドの良さを楽しんだ後、革ベルトに交換して、革ベルトの良さを楽しむことができるので、購入時に迷ったらメタルバンドがオススメです。

さいごに

今回は、メタルバンドと革ベルトのメリット・デメリットについて紹介しました。

私はやはり、メタルバンドの腕時計を購入して、革ベルトに変更する方法をオススメします。時計を倍楽しめますからね。

購入時の参考にしてみてください。

LIFE 商品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ちちおやじのブログ